久々に起動してみたら・・・あれ?  WinX68K

学生の頃にあこがれていたX68000・・・

WinX68K高速版

68k00.jpg


DosV Magagineでエミュレーターの記事があって、その時に初めてエミュレーターを使いました
ゲームハードも混みで、初めて使ったエミュレーターが「EX68」となります

X68000のエミュレーターで、今でも開発が続いてるのは『XM6TypeG』なのですが、使ってみたら「HDDのフォーマットができない」・・・・
他のエミュレーターを起動してみました

「IPLROM」というのがBIOSとなります
他にOSの「Human68K」、ついでに「SX-Window」もダウンロードしておきましょう


68k07.jpg


「SWITCH」というコマンドを入力すると、設定モードにはいります
ハードディスクを使う場合は、「HD_MAX」の部分を「1」にするのですが、使わないなら「0」でもOKです


68k01.jpg


続いて「FORMAT」コマンド
フロッピーもハードディスクもフォーマットできます


68k02.jpg


残念ながら「XM6」と同様にエラーが出てしまいました
・・・実機を持ってるわけでもないので、何か「知らない設定」があるのかな・・・


68k03.jpg


ちなみに、「SX-Window」の画面です
フロッピー2枚でウィンドウシステムを実現しているという・・・・すごいぞハドソン


68k04.jpg


「右クリック」で出てくるメニューから「オープン」を選択で開くこともできます
ダブルクリックは、アプリケーションファイルの実行でしか使えないようです


68k05.jpg


フロッピーの中にあるファイルが
カレンダーや時計といったソフトがあります
右上に時計を置いています


68k06.jpg


パターンエディタを開いてみました
ちゃんとモノクロではなく「カラー」ということがわかりますね


WinX68K高速版は古いソフトのため、メニュー表示に不具合が出てきたりしています
ハードディスクが必要な場面も少ないと思いますし、私の環境の問題という可能性も高いので、
遊ぶならXM6TypeGで、特に問題ないと思います


遊ぶソフトが必要ですが・・・

この記事へのコメント